建設業許可の区分(下請契約の金額):Yoshinori Izutsu BLOG

建設業許可の区分(下請契約の金額)
建設業許可の区分は営業所の所在地によるもの以外に、
下請契約の規模等によるものもあります。

これは、発注者から直接建設工事を請け負った者(元請)が、
下請に出す場合の金額により区分されます。

その金額が4,000万円以上(税込)の場合は、特定建設業となります。
  ※建築一式工事の場合は、6,000万円以上(税込)

これは、一社に出す金額ではなく下請に出す合計額となります。
また請け負う金額に制限はありません。あくまで下請に出す金額で
判断します。例えば1億円の工事を請け負ったとしても、全てを
自社で施工すれば問題ありません。

そして、特定建設業となるのは、発注者から直接建設工事を
請け負った元請業者となりますので、一旦下請に出された工事を
更に下請に出す場合は、金額の制限はありません。

特定建設業以外は一般建設業となります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.office-izutsu.com/mt/mt-tb.cgi/95

コメントする