入札参加資格における客観的事項と主観的事項:Yoshinori Izutsu BLOG

入札参加資格における客観的事項と主観的事項

国や地方公共団体等が発注する工事の入札に参加するためには、

経営事項審査を受審しておく必要があります。

各発注者は、その経営事項審査の結果を、客観的事項の資料として使用します。

また、発注者によっては、客観的事項以外にも、独自に定めた審査項目である

主観的事項がある場合もあります。

主観的事項が設定されている場合は、客観的事項と主観的事項を合わせた点数により

格付けが行われることになります。

もちろん主観的事項を定めていない発注者もありますし、確認が必要となります。

その場合は、経営事項審査の結果のみにより格付けされます。


主観的事項の具体例としては、工事実績や障害者の雇用、その地域に本店が置かれているか、

コンプライアンス等様々な項目があります。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.office-izutsu.com/mt/mt-tb.cgi/145

コメントする