資格外活動許可:Yoshinori Izutsu BLOG

資格外活動許可

日本に在留する外国人は、必ず在留資格を持っています。

そして在留資格は、それぞれ活動内容等が定められています。

そのためその内容とは異なる活動を行おうとする場合は、

資格外活動の許可を取得する必要があります。


あくまで現在持っている在留資格が基本となりますので、資格外活動により

本来の活動が阻害されない範囲で、相当と認められれば許可されます。


留学生や家族滞在で在留する外国人等は、個別に許可を受けるのではなく

包括的に資格外活動許可を取得することができます。

これは、週28時間以内であれば、アルバイト等をすることができます。

※長期休暇中は1日8時間まで


日本で在留するための在留資格は、基本的に単純労働は認められていませんが、

この包括的許可を取得すれば、単純労働に従事することも可能です。

居酒屋やコンビニ等で働く外国人を見かけることも多いと思います。


また「日本人の配偶者等」や「永住者」等の就労に制限のない在留資格で日本に

在留している場合は資格外活動許可は必要ありません。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.office-izutsu.com/mt/mt-tb.cgi/156

コメントする